慰安婦像は日本が率先して設置するべき

サンフランシスコの慰安婦像について、姉妹都市だった大阪市が撤去しろって言ってるみたいだけどさ、日本側がそんな態度でいる限り、世界中が慰安婦像で埋め尽くされるよ。

慰安婦・強制連行問題で「日本側は賠償したのに、韓国側はいつまでも謝罪を求める」と言う人もいるけど、その認識はおかしいだろ。
慰安婦問題はホロコースト奴隷貿易と一緒で、人類が二度と繰り返してはならない過ちなのに、そのことを理解していない日本人が多すぎる。

あ、日本軍管理下の慰安婦は合意だったとか自発的な売春婦だったから問題ないと思ってる人もいるかもしれないけど、違うからね。そりゃ中にはそういう人もいたかもしれないよ、慰安婦は膨大な数だったから。全てを知って覚悟の上で来ていた女性もいたかもしれない。でもほとんどは不本意で、誰かに騙され、あるいは脅迫され、無理矢理連れてこられた少女だった。そんなのは韓国台湾アジア諸国側のみならず、日本人慰安婦や日本軍側の証言からもわかってることだから、そこに異議がある人はちゃんと調べてね。
「韓国側だけがそう言ってる」んじゃなくて、認識の一致している部分、日本側も認めている部分があるから。

んで、日本だと過ちは謝れば水に流すことになってるけど、そうじゃない。これは謝罪したり賠償すればチャラになる問題じゃない。無かったことにしてはいけないことなんだ。

じゃあ現代の日本人はどうすればいいのか?それは、日本が率先してモニュメントを建てればいいんだよ。

まずアウシュヴィッツ=ビルケナウや原爆ドームと同じように、そこで何が起こったのか、克明に記した資料館を作る。「そこ」って言っても多すぎるから、とりあえず広島や沖縄がふさわしいかな。慰安婦がどんな場所でどんなふうに働かされていたのか再現して、そのブースに入るための行列も再現できる作りにして。慰安婦の声も利用した軍人の声もきちんと展示する。性病や妊娠堕胎の記録も。給料の額を提示してもいい、そしてそこから抜け出すことが可能だったかどうかも。出身地や年齢の統計表も掲示すべきだね。その上で最後に、こんなことは二度と繰り返してはいけない、と結ぶ。
そこに全国の中高生が修学旅行で立ち寄ればいいね。自分と歳の変わらない女の子達がどういう目に遭ったかを知ったら、とても「手厚い保障に高給取りで、皆合意の上だった」を信じることはできないだろう。
もちろん首相や幕僚長は、就任したら皆ここを訪れる。靖国参拝とセットでもいいよ。

次に慰安婦像を作る。サンフランシスコの慰安婦像や少女像とデザインを変えてもいいけど、慰安所を利用している日本兵の像を作る気概はさすがに無いだろうから(痴漢撲滅の広告だって被害者ばかりが描かれるもんね)、そうなるとやはり女性のデザインになるのかな。
それを、かつて慰安所を置いていた各国各都市に頼んで置かせてもらうんだ。
そうすると、「他の国/自分の国だってやっていたよな」という話になってくる。そうなんだよね、他の国もやってたんだよ。戦争や紛争って、老若男女の人権が奪われることが常だから。

そうなってくると、だんだん日本が設置した像の意味が変わってきて、「日本人の悪行」から「旧日本帝国軍の悪行」「かつての人類の蛮行」という見方に移っていくだろう。
それでも日本は日本がやったことを忘れず、後世に語り続ける。無かったことにしない、事実をねじ曲げない、被害者の痛みを軽んじない、絶対に繰り返さない。
今生きてる日本人が、かつての日本人がやったことに対し正しく批判精神を持つことで、ようやく過去と今を切り離して見ることが出来る。

そういう日本人の覚悟、日本社会の空気が醸成されて初めて、被害国の人達は「謝罪を要求」しなくなるんじゃないかな。

今のドイツでホロコーストを無かったことにしようとする、あるいは正当化する奴がいたら、それはもうナチの残党でしょ?日本だって同じだよ。

正直昨今の日本には「帝国陸軍メンタル」が蔓延してる気がしないでもないけど、それも平成で終わらせようよ。